Wechat

シェア:

ベッド | 新製品

ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセン(Vincent Van Duysen)のOvidioベッドは、ベッドルームの目玉となるように設計されており、落ち着いたエレガンスと最高の快適さからなる絶妙な組み合わせで構成されています。ディテールは、偶然ではなく必然の結果であり、ヘッドボードが主役を演じています。

Design Vincent Van Duysen

スペック

「最新のこのベッドは、多くのディテールが融合されていることが特徴であり、モダンなスタイルと調和した、非常にエレガントなオブジェクトです」

とVincent Van Duysenは述べています。

研究と調整を重ねた結果であるヘッドボードは、レザーとファブリックからお選びいただけます。角が丸いスモークメタルフレームが、さりげなく構造の設定をしています。
まっすぐなプロファイルを持つフロント部分は、レザーのカバーがあしらわれ、張り地と同じ色に調整する(「トーンオントーン」)、または対照的な色合いにするなどで対応することができ、より大胆にも、より落ち着いた仕上りにもなるよう選択できます。

ファサードは、要素全体に垂直に走る「ダイヤモンド」ステッチで一層豊かになります。
ベッドのサイズは、160cm、180cm、およびキングサイズの3つから選択でき、高い柔軟性をもって、空間を最大限に活用できます。

Ovidio は、モダンなデザインと最高の快適さを融合させた現代版クラシックです。対照的な糸による手縫いの垂直の縫い目、平らなアルミニウムフレームなど、ベッドのディテールへのこだわりが、この製品を極めて特別な家具にしており、寝室に最適な傑出した商品です。

Design

Vincent Van Duysen

ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンは1962年、ベルギーのロケレン生まれ、ゲントのサンルカス建築大学建築学科を卒業。1986年から1989年までミラノとブリュッセルで活動。1990年、アントワープに自身のスタジオを開設し、建築とインテリアデザインに主軸を置くようになった。その作品はインテリアデザインと建築が深く融合している。家具とアクセサリーは建築学の視野を取り入れてデザインされ、形にとらわれず、インテリアスペースとそれを包む建築の関係を深く理解して表現されている。ヴァン・ドゥイセンは極めて純粋でシンプルな作品を創造し、その作品は実用的で力強さにあふれている。

全経歴
Vincent Van Duysen

「保護は、私たち全員が必要とする非常に重要なものであり、私が建築と設計の作品に転換したいものはそれなのです」

Vincent Van Duysen

Technical drawings 2d (.jpg)

Molteniグループの製品、ニュース、イベントのお知らせを受け取る

    Select your country