Wechat

シェア:

テーブル | 新製品

クリエイティブディレクターのヴィンセント・ヴァン・ドゥイセン(Vincent Van Duysen)は、ダイニングルームを、見事な最新のテーブルで再考しました。それがMateoです。クリーンで洗練された美学を維持しながら、永続的な個性を持つオブジェクトを作成する能力で称賛されるVan Duysenは、この新しいダイニングテーブルでそのスキルを大いに発揮しています。

Design Vincent Van Duysen

スペック

「私は、Molteni&C本社内の新しいパビリオン用にデザインされたホスピタリティエリアに触発されました。ブランドの魂に沿って、エレガントでミニマルなイタリア風のおもてなしの雰囲気を作り出すために考案された居心地の良い場所。」 — Vincent Van Duysen


Vincent Van Duysen

テーブルは、湾曲したベースの上にあり、下がるにつれてわずかにフレアアウトします。安定性と堅牢性を提供しつつ予想外のタッチを添えています。円錐形のベースには、円形と卵形の2つのバージョンがあり、既存のスペースにもシームレスに統合できます。

デザイナーの建築的背景はMateoの構造に明らかに表されています。内部フレームは、外部からは見えないラッカー仕上げの金属棒で結合されており、ベースとトップの間の結合を補強することで完全な安定性を実現しています。

「中央台座を作るとき」、とヴァン・ドゥイセンは説明します。「90年近い歴史を持つ会社の堅実さに触発されました。これは深く根付いたルーツであり、未来へのダイナミックアプローチを後押しします。」

家族やグループの様々な構成に合わせ、様々なサイズと構成で利用できるこのテーブルは、数十年にわたる伝統を作成するための目玉となるようにデザインされています。

スポーツウッドから光沢のあるラッカーまでのユニークな仕上げ、豊かなパイングリーンや、落ち着いたアーモンドホワイトなどの配色は、様々なスペースに合わせてカスタマイズ可能なオプションとなっています。さらに、新規のオーク材オプションは、耐久性と融合した暖かい特性が得られます。

Mateoのテーブルは、現代的な家庭の食事の概念を再考察しています。そのスケーラブルなプロポーションからは、長年の思い出の中心となる運命にある、時代を超越した作品の汚れなき美学に出会えます。

Design

Vincent Van Duysen

ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンは1962年、ベルギーのロケレン生まれ、ゲントのサンルカス建築大学建築学科を卒業。1986年から1989年までミラノとブリュッセルで活動。1990年、アントワープに自身のスタジオを開設し、建築とインテリアデザインに主軸を置くようになった。その作品はインテリアデザインと建築が深く融合している。家具とアクセサリーは建築学の視野を取り入れてデザインされ、形にとらわれず、インテリアスペースとそれを包む建築の関係を深く理解して表現されている。ヴァン・ドゥイセンは極めて純粋でシンプルな作品を創造し、その作品は実用的で力強さにあふれている。

全経歴
Vincent Van Duysen

「保護は、私たち全員が必要とする非常に重要なものであり、私が建築と設計の作品に転換したいものはそれなのです」

Vincent Van Duysen

Technical drawings 2d (.jpg)

Molteniグループの製品、ニュース、イベントのお知らせを受け取る

    Select your country