Coffee tables - Louisa - Molteni&C
Wechat
Louisa

シェア:

スモールテーブル | News

Vincent Van Duysen has designed Louisa, a set of round and oval coffee tables in which the presence of both wood and cement conveys an innovative tactile and aesthetic effect.

Design Vincent Van Duysen


スペック

The load-bearing structure, a conical central plinth, is raised from the floor and inserted into a space hollowed out within it. Transversal objects, combined at will, simply, lightly, elegantly: the quintessence of modern design.

The table tops, a bit like suspended trays, come in ash or brick red cement or in eucalyptus wood and feature an original radial motif, achieved by means of a special procedure for joining up the slabs.

Design

Vincent Van Duysen

ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンは1962年、ベルギーのロケレン生まれ、ゲントのサンルカス建築大学建築学科を卒業。1986年から1989年までミラノとブリュッセルで活動。1990年、アントワープに自身のスタジオを開設し、建築とインテリアデザインに主軸を置くようになった。その作品はインテリアデザインと建築が深く融合している。家具とアクセサリーは建築学の視野を取り入れてデザインされ、形にとらわれず、インテリアスペースとそれを包む建築の関係を深く理解して表現されている。ヴァン・ドゥイセンは極めて純粋でシンプルな作品を創造し、その作品は実用的で力強さにあふれている。

全経歴
Vincent Van Duysen

"Protection is something very important that we all need and that is something that I want to translate into my architectural and design work"

Vincent Van Duysen

Technical drawings

Molteniグループの製品、ニュース、イベントのお知らせを受け取る

    Select your country