Wechat

シェア:

スモールテーブル | 新製品

洗練された職人技と革新が出会います。どんなセッティングにも対応できる洗練されたアクセントピース。フォンテシリーズをご覧ください。

Design Vincent Van Duysen


スペック

フォンテには3つの用途に使える3つのテーブルがあります。コーヒーテーブル、ラウンジテーブル、ナイトテーブルはそれぞれ頑丈なオーク材の脚の上に置かれ、大理石、エッセンス、または黒い裏塗りのガラスのテーブルトップを支えます。各テーブルトップの落ち着いた色調は、コーヒーやブラックオークのベースオプションと調和し、堅実さと流動性の現代的な相互作用を生み出しています。

「このテーブルコレクションは 印象的であり 洗練されたディテールを ノウハウと モルテーニ&Cのクラフツマンシップを表現しています。」

ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセン

各テーブルは、置かれている空間の機能性とスタイルを高めるように作られています。ベッドサイドテーブルには実用的な引き出しと、エレガントで光沢のあるペイント仕上げの洗練されたアッパーリングを備え、ラウンジテーブルにはゆったりとした表面積があり、お好みのインレイオプションも選べます。

ヴィンセント・ヴァン・ダイセンが「比類のないディテールが豊かな、絶妙な味わいのキーピース」と評したフォンテテーブルは、どんなインテリアにも多目的にマッチします。ソファの横に置いたり、仕事やレジャーで中央に置いたり、ベッドサイドのお供として置いたり、スタイルと機能性を兼ね備えたアイテムです。

フォンテシリーズは、2023年コレクションのオビディオベッドとエレガントにマッチし、ヴァン・ダイセンのモダンライフのビジョンを反映した、まとまりのある洗練された外観を演出します。

Design

Vincent Van Duysen

ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンは1962年、ベルギーのロケレン生まれ、ゲントのサンルカス建築大学建築学科を卒業。1986年から1989年までミラノとブリュッセルで活動。1990年、アントワープに自身のスタジオを開設し、建築とインテリアデザインに主軸を置くようになった。その作品はインテリアデザインと建築が深く融合している。家具とアクセサリーは建築学の視野を取り入れてデザインされ、形にとらわれず、インテリアスペースとそれを包む建築の関係を深く理解して表現されている。ヴァン・ドゥイセンは極めて純粋でシンプルな作品を創造し、その作品は実用的で力強さにあふれている。

全経歴
Vincent Van Duysen

「保護は、私たち全員が必要とする非常に重要なものであり、私が建築と設計の作品に転換したいものはそれなのです」

Vincent Van Duysen

Technical drawings 2d (.jpg)

Molteniグループの製品、ニュース、イベントのお知らせを受け取る

    Select your country