Wechat

シェア:

新製品 | アームチェア

モルテーニ&C Heritageのカタログは、コンティニュアムのアームチェアが2024年コレクションに加わったことを記念したものです。1963年にジオ・ポンティによってデザインされたこの作品は、ブリアンツァの製造会社、Molteni&C、Bonacina 1889、そしてイタリアのデザイン家具業界の何世代にもわたるパイオニアたちとの永続的な提携を浮き彫りにしています。 これらの企業は、独自の職人技を維持し、この地域に長く根付いてきたルーツを維持することに専念しています。コンティニュアムの場合、そのような職人技は、あらゆる段階で複雑に織り込まれて湾曲している天然素材であるラタンの熟練した加工によって発揮されます。

Design Gio Ponti


スペック

コンティニュアムアームチェアのデザインは、ヘッドレストからアームレストまで途切れることのないラインを通してエレガントに表現された、有機的なフォルムからインスピレーションを得た、連続的でしなやかな筆致を実現することを目指しています。コンティニュアムは、1950年代初頭にホテルやクルーズ船向けにデザインされたベルジェールからさらにインスピレーションを得ています。すべてイタリアで作られたアームチェアには、インドネシアの赤道林から調達したマナオとウィッカーなど、ラタンファミリーのファーストクラスの素材が使用されています。構造と背もたれは熟練した職人によってマナオケインで形作られ、それぞれの作品には200時間以上の細心の注意が払われています。ウィッカー製のシートは、特別なウィッカーバンドを使用して構造物に固定されています。

マナオまたはブラックウィッカーからお選びいただけるコンティニュアムは、さまざまなテキスタイルとレザー仕上げのクッションが特徴です。ご要望に応じて、ポリウレタンフォームのパッドと取り外し可能なカバーを備えたクッションでコンティニュアムを強化することもできます。

このプロジェクトにより、モルテーニ&Cはジオ・ポンティの遺産を保存するというコミットメントを再確認しました。今年で135周年を迎えるイタリアの卓越性の象徴であり、そのユニークで折衷的なスタイルで知られるボナチーナは、両社が採用している持続可能性方針に沿って、原材料と熟練した職人技を使用した高品質の基準を保証します。

Design

Gio Ponti

ジョヴァンニ・“ジオ”・ポンティ(1891年11月18日ミラノ生まれ、1979年9月16日死去)はイタリアの名建築家の一人である。デザイナー、エッセイストとして20世紀で最も重要な人物の一人でもある。個性的な名建築の他に、彼は様々な家具も創作した。代表作は、「ポンティ」スタイルの家具で整えられたミラノの住宅プロジェクト3件である。1925年にランダッチョ通りに建てられた住宅群、1926年にブリン通りに建てられたカサ・ラポルテ、1957年にデッザ通りに建てられた住宅がそれ。

全経歴
Gio Ponti

「[略] 私たちの生活の中で、オブジェクトの大部分は、産業によって生み出され、そしてまた、そこで特性も得ています [略]」

Gio Ponti

コンティニュアム D.163.7

スペック

Technical drawings 2d (.jpg)

Molteniグループの製品、ニュース、イベントのお知らせを受け取る

    Select your country