Italian design dining table - Ava Table - Molteni&C
Wechat
Ava Table

シェア:

Ava Table

テーブル

Foster + Partners(フォスター・アンド・パートナーズ)とモルテーニは2006年のSTILLソファのデザインに始まり、長期間、実りある関係を続けてきました。同事務所は「Elements」というオフィス家具のシリーズをモルテーニの姉妹会社であるUniForのためにデザインしています。Elements初期のデザインであるメタルの会議室用テーブルから、ナチュラルな進化を遂げて、AVAという木製のダイニングテーブルが生み出されました。

Design Foster + Partners
取扱店

スペック

新デザインは温かみと木材の触感と素材の経済性から、サステナブルはテーブルを家庭用にも商業施設向けにも適したものに作り上げることを探求しました。

「『Elements』シリーズはオフィス家具の効率の良さを示しました。私たちはこれまで同様柔軟性と細部にわたる正確性を追求して、さらに今回は異なる素材から家庭用に適したものを作り上げたいと考えています。」
インダストリアルデザイン責任者Mike Holland (Foster + Partners所属)

環境に配慮した建築物と家具をデザインするというポリシーに従ってFoster + Partnersは現代的な暮らしのためのテーブルセットを考案しました。卓越した天然素材である木材を全体に使用したAVAテーブルは、これまで以上にデザイナー家具に求められるエコサステナビリティに対応。環境に配慮しているデザインでありながらも、本来このように高級で、特別な家具が置かれるべき空間にもふさわしいものとなっています。

飛行機の翼や橋の軽量の形状からインスピレーションを得て、中心部分とカンチレバーを持つ基部二つの基本的な部材から構成されています。その組み合わせによって一台のテーブルをあらゆる長さで作ることができます。このテーブルの橋のような構造は、ミニマルなディテールとハイクオリティな仕上げを施された高尚な彫刻品のようです。二つの部材の各ジョイントは建築学的伝統に則ってあえて隙間を作ったシャドーギャップがアクセントです。

どの方向にも片側1メートルの長さまで張り出した形状を持つ基部は安定性と堅固さを兼ね備えています。固定のための部材を除き、テーブル全体は木材からのみ作られています。テーブルトップを支える幅の広い上部から床に向かって細くなる脚部となっています。仕上げはウォールナット材とユーカリ材から選ぶことができます。標準的なバージョンは2.9メーター、3.4メーター、3.8メーターの3つの基本サイズがあります。

Design

Foster + Partners

フォスター・アンド・パートナーズは世界で最も革新的な建築・総合デザイン事務所の一つ。1967年の創設以来、都市計画、公共インフラ、空港、市民・文化会館、オフィス・施設、個人住宅、プロダクトデザイン等、様々なプロジェクトで建築に対し持続可能な手法を取っている。所属する建築家やエンジニアは、プロジェクトの立ち上げから創造性をもって、持続可能なデザインのために、総合的なソリューションを見出すべく英知を結集している。フォスター・アンド・パートナーズとMolteni&Cは、軽量のコンクリート製ベースを持つArcテーブルやまったく新しい製造法を採用したTesoコーヒーテーブル等、革新的な素材と技術の使用を通じて、新しい発想で各プロジェクトに取り組んでいる。

全経歴
Foster + Partners

"We believe that the quality of our surroundings has a direct influence on the quality of our lives"

Foster + Partners

Technical drawings

関連製品

Molteniグループの製品、ニュース、イベントのお知らせを受け取る

    Select your country