Ferruccio Laviani - Designer Molteni

Ferruccio Laviani

Ferruccio Laviani

シェア:

"When I design I am always quite instinctive. Places, a journey or a subject that fascinates me can make me see things from another perspective."

Ferruccio Laviani

ピエトロ・フェルッキオ・ラビアーニは1960年、クレモナ生まれ。企業のインダストリアルプロダクツとリテールデザインのアートディレクターである。1999年以来、彼はDadaとMolteni&Cのためにデザインし、Molteni&Cのソファとアームチェアの製作に大きく貢献した。手がけたHi-Cove、Hi-Bridge、Holiday、Freestyleには機能性とシンプルなデザインが見事に融合している。ラビアーニはDadaのために近年、同社の代表的な製品であるDialやHi-Line等のキッチンをデザインした。

1986年、ミラノ工科大学の建築学科を卒業した後、ラビアーニはデ・ルッキ事務所に入社した。彼はルーブルで開催された展覧会「Technique discretesイタリア家具デザイン1980-1990」で学芸員を務め、Memphisともコラボレートしている。1991年にはKartellのアートディレクターを務め、その後Flos、Tisettanta、Morosoなどともコラボレートしている。Morosoは現在、Pandora Designのアートディレクターを務めている。1997年にラビアーニはアッキーレ・カスティリオーニと共に、ジオ・ポンティとヴィコ・マジストレッティに捧げられた展覧会をデザイン。さらに彼はMilan De Padovaショールームのイメージを手掛けた。2001年にはファッションデザイナーDolce & Gabbanaのミラノ・ゴルドーニ通りにある新本社のコーナーとインテリアをデザインしている。

Ferruccio Laviani
for Molteni&C

Molteniグループの製品、ニュース、イベントのお知らせを受け取る

    Select your country