Vincent Van Duysen - Molteni&C | Dada designer

Vincent Van Duysen

Vincent Van Duysen

シェア:

"Protection is something very important that we all need and that is something that I wanna translate into my architectural and design work"

Vincent Van Duysen

ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンは1962年、ベルギーのロケレン生まれ、ゲントのサンルカス建築大学建築学科を卒業。1986年から1989年までミラノとブリュッセルで活動。1990年、アントワープに自身のスタジオを開設し、建築とインテリアデザインに主軸を置くようになった。その作品はインテリアデザインと建築が深く融合している。家具とアクセサリーは建築学の視野を取り入れてデザインされ、形にとらわれず、インテリアスペースとそれを包む建築の関係を深く理解して表現されている。ヴァン・ドゥイセンは極めて純粋でシンプルな作品を創造し、その作品は実用的で力強さにあふれている。

ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセン・アーキテクツは、ベルギー・ホテル界のプロジェクトを手始めに、国際的な大規模プロジェクトを多数手掛けている。例えば、ロンドン、ニューヨーク、ミラノの住宅プロジェクト、ベイルートとリヤドのオフィス、パリ、ローマ、香港の最高級商業スペース等である。ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンはMolteni&CのシステムキャビネットGliss MasterとRibbonベッドをデザインしている。

Vincent Van Duysen
for Molteni&C

Molteniグループの製品、ニュース、イベントのお知らせを受け取る

    Select your country