Luca Meda - Designer Molteni

Luca Meda

Luca Meda

シェア:

"Simplicity is not good in itself, but there surely is a type of simplicity that comes from generations of work."

Luca Meda

ルカ・メダはイタリアの企業に大きく貢献した。強い情熱を抱いて献身的にMolteni Groupのデザイン文化に寄与した。その作品には、創造性、ビジネス、アート、インダストリーが理想的な形で共存している。一方、ドローイングを好み、現実を描写し再構築するのに他のどの道具よりも鉛筆を使うデザイナーなので、これはいささか矛盾しているようにも見える。70年代後期以来、ルカ・メダは様々な製品のデザインを手がけた。アルド・ロッシと共同で、Piroscafo書棚、Zimチェア、Hoアームチェア、Vivetteアームチェア、Primafilaソファ、505プログラム、Passシステムを生み出した。

ルカ・メダは、本人曰く「自分は家族が休暇を過ごす海沿いの街キアヴァリに「偶然」生まれたという。その後ミラノで育ち、学び、ブレラ美術大学を卒業した。その後ドイツに留学し、マックス・ビルが校長であった世界で最も有名なデザインスクールの一つ、ドイツのウルム造形大学で勉学を継続した。彼はミラノの中心部とその都市の景観を愛し、歴史的建造物、庶民の住宅、控え目なインテリア、質の高い家具に触れて彼は感性を磨いた。

Luca Meda
for Molteni&C

Molteniグループの製品、ニュース、イベントのお知らせを受け取る

    Select your country