Heritage Collection

Molteni&C is re-examining its own history with an eye to the future. The 80!Molteni exhibition, the creation of the company’s historical archive and its recently inaugurated Molteni Museum have provided an opportunity for revival, from the origins of modernity.

Official hashtag: #MolteniHeritageCollection

Great new classics

Intriguing traces have emerged from a past that turns out to be contemporary, ripe for a re-think today. Unique pieces that can step straight out of their museum showcases and into our contemporary homes.

MHC.1MHC.1

MHC.1

ユニット

ワーナー・ブレイザーが1955年にデザインをしたチェスト。Molteni&Cがこれまでに製作したモダンファニチャーの第一号プロトタイプとなります。100台限定生産でシリアルナンバー入り。素材には当時の物と同じ、アボジラ材が使われています。

Design Werner Blaser
製品を見る

MHC.2

ユニット

次のモデルであるMHC.2は、数年後の1959年に生まれた。この作品もSelettivaコンペに出展し、第三位に入賞したものです。

Design Yasuhiko Itoh
製品を見る
MHC.2MHC.2
MHC.3 MIssMHC.3 MIss

MHC.3 MIss

チェア

Molteni&Cヘリテージコレクションの1つであるMiss<ミス>チェアは、アフラ&トビア・スカルパが1986年にデザインされた物の復刻版となります。

Design Tobia Scarpa
製品を見る

D.156.3

アームチェア News 2017

ジオ・ポンティがデザインし、The Spaniard De Cuevasの甥がはじめたアメリカの会社、Altamiraが製造。
当時、第10回目トリエンナーレの主軸となっていた代表的な出展者から選ばれたIco Parisi、Franco Albini、Carlo De Carli、Ignazio Gardellaらの作品と一緒にニューヨークの会社内ショールームに展示されていました。

Design Gio Ponti
製品を見る
D.156.3D.156.3

“It was thought that architecture should be purely functional, with very little margin for decoration. But the Italian genius could not help but create architecture with a more human face, which we call the Latin touch”

D.151.4D.151.4

D.151.4

アームチェア News 2017

船の家具について常に情熱を持って、ジオ・ポンティは1949年から1951年の戦後に、直接オーシャンライナー4隻とクルーズ船2隻(Conte Grande, Africa, Oceania, Conte Biancamano, Andrea Doria, Giulio Cesare)を改修したり、一から造船する経験を得ました。ポンティはこれらの船に安楽椅子をデザインしました。内包されたフレームと快適なアームレストが特徴で、脚部は無垢材で、真鍮の脚先がついた仕様となります。張地はファブリック、レザーともにMolteni&Cコレクションよりお選びいただけます。

Design Gio Ponti
製品を見る

The Plancharts commissioned Gio Ponti to design their home, on top of a cerro overlooking Caracas. For them, refined art collectors and Italy lovers, Ponti designed everything, from the structure to the furniture. This armchair is a shell to accommodate precious friends. It is a sculpture among sculptures and an art work among the art works.

"I am grateful to Anala and Armando Planchart for letting me honour their home with Italian art works, alongside the works of Venezuelan and international abstract artists and those of the great Venezuelan master Reveron (...). These range from Morandi paintings to those of Campigli, Melotti and Rui, the Venini and Seguso glasses, Gambone ceramics, and Ferrari silks..."

Gio Ponti, Domus 1961

D.154.2

アームチェア

ジオ・ポンティがカラカスのヴィラ・プランチャート(1953-57)のために心を込めてデザインしたアームチェア。スタジオ・チェッリ&アソシアーティの監督の下でMolteni&Cが収集したジオ・ポンティ・コレクションの一部です。

Design Gio Ponti
製品を見る
D.154.2D.154.2

The best designs are timeless and this revisited edition respects that, by renovating and reviving the project’s soul. New technologies, materials, functional solutions, with respect for its original – exactly as Gio Ponti would have wanted.

D.355.1

D.355.1

アクセサリー

今年新たにMOLTENI&Cのコレクションに加わったジオ・ポンティデザインの壁掛け型ブックケース。

Design Gio Ponti
製品を見る

Designed in the 1950s for M. Singer&Sons, one of the most important furnishing companies in New York, this small table is part of a collection for the American market. The combination of different shapes and materials testifies to Gio Ponti’s diversity and innovative power.

D.552.2

スモールテーブル

構成の妙が光る建築的なテーブル。ガラスとローズウッドを見事に融合させています。軽快さと抽象性が際立っています。

Design Gio Ponti
製品を見る
D.552.2D.552.2

"Recreating pieces that were never produced, (because Ponti used to design more than what he could have produced) or re-editing forgotten pieces, gives us the opportunity to better understand his personality, work and role in an important moment of Italian architecture"

Salvatore Licitra, Gio Ponti Archivist

The drawer unit designed in different variations between 1952 and 1955, is based on the original drawings kept by the Gio Ponti Archives. The art direction of this new edition was entrusted to Studio Cerri & Associati.

D.655.1 D.655.2

D.655.1 D.655.2

ユニット

ドロワーのフロント部にホワイトでハンドペイントを施し、ウッドのハンドルを取り付けたキャビネット。ハンドルはエルム、イタリアンウォルナット、マホガニー、ローズウッドより選択可能。

Design Gio Ponti
製品を見る

Molteni&C proposes the forms of the objects Gio Ponti designed and built for his house in Via Dezze in Milan. His small table, library, and armchair show that there was no gap between his personal appeals and his architectural vision. This is living according to Ponti.

D.555.1D.555.1

D.555.1

スモールテーブル

1954年から1955年にかけてデザインされたテーブル。ミラノのヴィア・デッツァにあるジオ・ポンティ私邸の家具。ポンティ・アーカイブズに収められている図面をもとにMolteni&Cによって製作された復刻版。

Design Gio Ponti
製品を見る

D.357.1 D.357.2

ブックシェルフおよびマルチメディア

1956年から1957年にかけてデザインされたブックケース。ミラノのヴィア・デッツアにあるジオ・ポンティ私邸の家具のひとつ。ジオ・ポンティ・アーカイブズに収められている図面をもとに製作された復刻版。Molteni&Cのジオ・ポンティ・コレクションの一部を成しています。

Design Gio Ponti
製品を見る
D.357.1 D.357.2
D.153.1

D.153.1

アームチェア

1953年にデザインされたアームチェア。ミラノのヴィア・デッツアにあるジオ・ポンティ私邸の家具のひとつです。ジオ・ポンティ・アーカイブズに収められている図面をもとに製作された復刻版です。

Design Gio Ponti
製品を見る
"Dotted" Fabric designed for Gio Ponti by Rubelli. 1934.
"Dotted" Fabric designed for Gio Ponti by Rubelli. 1934.

Molteni&C re-launches folding chairs designed by Gio Ponti in 1970 with a new and surprising look.

"To be comfortably seated while crossing your legs, little sitting and much backrest, tilted just like this, are necessary."

Gio Ponti

D.270.1

D.270.1

チェア

「細身でゆったりした折りたたみ椅子」。1970年にジオ・ポンティは、他のどの椅子とも違う椅子をこのように説明しました。団欒、読書、TV鑑賞に最適です。ミニマルなデザインが美しく、幅広い用途でお使いいただけます。

Design Gio Ponti
製品を見る

"The metal tube chair and table have an absolute original form, clearly distinguished from any of the traditional frames. They have a new practicality and elasticity, closer to the modern essential requirements. At the same time, their series-construction, can guarantee their form’s absolute perfection of beauty, in absolute conformity to the first model created by the artist."

Gio Ponti, Domus, 1939

D.235.1D.235.1

D.235.1

チェア

ジオ・ポンティが1935年にミラノのラルゴドネガーニにあるモンテカティーニビルのためにデザインしたデスクや照明、ワードローブなどの家具のひとつ。

Design Gio Ponti
製品を見る

D.235.2

チェア

ジオ・ポンティは1935年、ミラノのラルゴドネガーニにあるモンテカティーニビルを設計しました。彼はデスク、チェア、照明、ワードローブに至るまで、家具もすべてデザインしました。

Design Gio Ponti
製品を見る
D.235.2D.235.2

"The modern architect, the academic architect, should learn from the craftsmen: marble workers (shiny surfaces, polished, stone hammered, bush-hammered, and scaled), carpenters, stucco workers, blacksmiths, from all the workers and craftsmen (that is so beautiful)"

Gio Ponti, Amate l’architettura

D.950.1D.950.1
D.754.1D.754.1

Molteniグループの製品、ニュース、イベントのお知らせを受け取る

    Select your country